今回は当社の看板猫「幸」を紹介します!

「幸」と書いて「さち」と呼びます。

名前の由来はこの子に幸せになって欲しいと思い命名しました。

出会いは台風の翌日。

自宅の庭に転がっていた段ボールの中に子猫が入っており、保護したことがきっかけとなり当社で飼うことになりました。

出会った頃の幸です。

猫を飼うことは初めてでしたので、最初は悪戦苦闘の毎日でした。

トイレに食事など上手くいかないことだらけ。

大変な日々でした。

でもそんな日々が楽しい思い出になっているんだから不思議なものです。

今でもたまーにトラブルを起こしながらも楽しく過ごしています。

当社に遊びに来られた際には是非かわいがってやって下さいね。